Unity

【Unity】大富豪を作ってみた

  1. HOME >
  2. Unity >

【Unity】大富豪を作ってみた

スポンサーリンク

普段は統計解析の記事を書いていますが、大富豪を自分で作ってみました。

有名なローカルルールのほとんどを詰め込んだ大富豪をオンラインで遊べます。

ローカルルールを大量に入れたためバグがあると思いますが、通常のルールのみであれば問題なく遊べます。

大富豪

今回作ったゲームは次のオンライン対戦型の大富豪になります。

オフラインでコンピュータと対戦する機能は実装していないので注意してください。

ゲーム画面

ゲームの遊び方は下の遊び方で紹介しています。

このゲームは以下のリンクから遊べます。

https://sharemygame.com/@usagisan/daihugo

ブログに埋め込もうと思いましたがブラウザが止まってしまうので諦めました。

遊び方

このゲームの遊び方を解説します。

ゲームを開始すると次のロビー画面が表示されます。

ロビー画面

ロビーでは

  • 「Create Room」で部屋の作成
  • 「Find Room」で部屋の検索
  • 「Game Settings」で大富豪のルールの設定。

ができます。

「Create Room」をクリックすると次の画像の部屋の設定画面が出てきます。

Create Room

  • 「Enter room name...」で部屋名。
  • 「Enter room size...」で部屋の人数。
  • 「Enter your name...」で自分の名前。

を設定することができます。

「Find Room」をクリックすると次の画像の部屋の検索画面が出てきます。

Find Room

入りたい部屋をクリックすることで入室が可能です。

「Game Settings」をクリックすると次の大富豪のルールの設定画面が表示されます。

Game Settings

チェックボックスをクリックすることで、縛りやローカルルールを適用できます。

部屋に入ると次の画像の画面に切り替わり

  • ホストはゲームの開始ボタン「Start Game」
  • クライアントは準備完了ボタン「Readty」

が表示されます。

ホスト画面

クライアント画面

ホスト以外の全員の準備が完了すると「Start Game」でゲームを開始することができます。

ゲームを開始するとカードが配られます。

ゲーム画面

  • 「Put Cards」でカードを出す
  • 「Sort Cards」でカードの整理
  • 「Pass」でパス

ができます。

10捨てなどのルールを適用すると、特殊効果のあるカードを出したときにカードの選択ボタン「Select」が表示されます。

カードを選択した状態で「Select」を押すことで、例えば10捨ての場合、選択したカードを捨てることができます。

10捨て

ゲームが終了すると

  • ホストの画面にゲームの続行「Continue」
  • ゲームの終了「Return to the Lobby」

が表示されます。

ゲーム終了

注意として、このゲームはオンラインゲームであるため、2人以上で遊ぶ必要があります。

そのため、残念ながらオフラインで遊ぶことはできません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

usagi-san

統計学とゲームとかをメインに解説していくよ。 数式とかプログラミングコードにミスがあったり質問があったりする場合はコメントで受け付けます。すぐに対応します。

-Unity
-

© 2022 ウサギさんの統計学サロン Powered by AFFINGER5